Make your own free website on Tripod.com
  

   チャップリン劇場


ハイパー検索


ニュース
チャップリンDVD
チャップリン情報
日本チャップリン協会
チャップリン狂時代
ヒンケルの演説
無声映画の世界
プロフィール
ラブチャップリン
チャップリン格言集
チャップリン裏話
チャップリンの独裁者
喜劇王の親子鑑定
シネマガジン
映画ポスター
監督チャップリン
コピーライツ
チャップリン本
チャップリンニュース
Googleニュース
YouTube動画
Yahoo!動画
Yahoo!画像
Google画像
goo画像
infoseek動画
掲示板
ブログ
amazon
楽天
ヤフオク
チャップリン音楽
おすすめ
ヒッチコック
ポケモン
ゾイド
ドラえもん
鋼の錬金術師
レゴ
たまごっち
ジブリ
エヴァンゲリオン
マリオ
ドラクエ
倉木麻衣
ニューヨーク
オーストラリア
英会話
カレー
ラーメン
日本酒
キャンプ
温泉
鎌倉
ハワイ
地震
京都
北海道
香港
住宅ローン
生命保険
自動車保険
FX
ミラノ
宅建
マンション
不動産
ゴルフ
東京
ファイナルファンタジー
ガンダム
コナン
料理レシピ
バリ島
パリ
福山雅治
天気予報
お知らせ
ここを友達に教える
リンクフリーです
自動リンク
宣伝掲示板
Firefox



目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

チャーリー・チャップリンSir Charles "Charlie" Spencer Chaplin, 1889年4月16日 - 1977年12月25日)はハリウッド映画初期の俳優脚本家、そして映画監督である。本名チャールズ・スペンサー・チャップリン。映画の黎明期に数々の作品を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。愛称は"チャーリー"。

各種メディアを通じ、現在においても彼の姿や作品にふれることは容易である。また、バスター・キートンハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。

イギリスロンドン出身。両親はミュージック・ホールの芸人だったが、1歳のときに離婚。その11年後、父チャールズ・チャップリンはアルコール中毒によって死去し、母ハンナ・ヒルも精神病にかかる。彼自身も幼いころからミュージック・ホールでパントマイム劇などを演じて、一家の家計を支える。

その後、1908年にカーノー劇団に入り頭角を現すようになる。1913年、カーノー劇団の2度目のアメリカ公演の際に、『キーストン・コップス』シリーズで有名な映画監督マック・セネットの目にかない、映画俳優としてデビューする。後に人気を二分することになる ロスコー・アーバックルと共演するなどした。1919年には、ダグラス・フェアバンクスメアリー・ピックフォードD・W・グリフィスとともに配給会社ユナイテッド・アーティスツを設立し、1918年に建設されたチャップリン撮影所と合わせて、無干渉で映画制作が出来る環境を手に入れた。

彼の最もよく知られている役柄は放浪紳士である。窮屈な上着に、ぶかぶかのズボンと大きすぎる靴(どた靴)、山高帽に竹のステッキといったいでたちのちょび髭の人物で、アヒルのように足を大きく広いて、がにまたで歩く特徴をもつ。浮浪者だが、優雅な物腰と紳士としての威厳をもつ。この役柄は1914年の2作目『ヴェニスの子供用自動車レース』(Kid Auto Races at Venice)で初めて登場している(チャップリン本人も最初受けるとは思わなかったという)。

チャップリンは無声映画時代で最も創造的な人物の一人である。俳優、監督、脚本家、ディレクター、そして時には自らの映画のための作曲家までもつとめた。しかし、第二次世界大戦前の1936年に製作された『モダン・タイムス』のあたりから、鋭進的な右左両派からの突き上げが激しくなった。

既に1933年日本訪問中に偶々発生した国粋主義的な士官によるクーデター未遂事件(五・一五事件、後述)では「日本に退廃文化を流した元凶」として首謀者の間で彼の暗殺が検討されていた。更に大戦前後の戦争あるいはファシズムを批判するチャップリンの作風が、第二次世界大戦が終結し、ソビエト連邦をはじめとする東側諸国との冷戦が始まったアメリカで「容共的である」とされ、非難の的とされた。特に1947年 の『殺人狂時代』以降には非難が最高潮に達し、ジョセフ・マッカーシー上院議員の指揮の下、「赤狩り」を進める上院政府活動委員会常設調査小委員会から何度も召喚命令を受けた。

その後、1952年に『ライムライト』のロンドンでのプレミアのためにイギリスに向かう最中、事実上の国外追放命令を受け、その結果、彼自身の意にはそぐわなかったが、スイスローザンヌのアメリカ領事館で再入国許可証を返還しアメリカと決別する。

1965年エラスムス賞受賞

アメリカを去ったチャップリンは、映画への出番もめっきり少なくなる一方で名士として尊敬され、また自身の作品の再編集や作曲に没頭した。なお、彼が再びアメリカの地を踏むのは、アメリカを去って20年後の1972年に、アメリカ映画界からの事実上の謝罪を意味するアカデミー賞特別賞を手にしたときであった。

1975年には、それまでの活動を評価され、ナイトに叙され「サー・チャールズ」となった。1977年クリスマスの朝にヴェヴェイの自宅で没した。死後、金銭目的で墓から遺体が持ち出される事件があったが、遺体は墓の近くの農地で発見された。



淀川さまぁ〜 いきかえってぇ〜  チャップリンを語らせたらこの方しか居ません(亡くなられた事自体が本当に残念です)  この特典だけでもこのボックスを買う価値有り   チャップリンの映画の真髄は、短編でしょう。 もう少し見たいもう少し見たい、という所で切られるのがなかなか!! この短編達があってこその、あの名作の長編が産まれたのだと、嬉しく思いました。
チャップリンが大大大大(中略)大好きな私は、このBOXの作品はすべてレーザーディスクで持っています。しかし特典ディスクに収録された映像は、個人的に不景気な私に購入を迫る、たいへん貴重なものです。ただこれは、一般の映画ファンの方にはどうでもいい物かもしれません。まあ12ディスクでこの値段ですから、おまけと考えれば邪魔にはならないでしょう。
チャップリンの映画をテレビで見ていた小学生時代。 中学生になって家にビデオが入り録画を何度も見て楽しんでいた。 そして30代になった今、かつての思い出がよみがえった。 この作品の売りはなんと言っても鮮明な映像と5.1chサラウンドである。 過度に加工されたものではなく当時の雰囲気は残されているのが良い。

波平の声で広く知られた永井氏が、見逃しがちな状況説明、あるいは各々の短編、各々のシーンの時代背景や、チャップリンの映画全体のなかででもつ意味を、バランス良く的確に解説してくれています。また映画が楽しめるように日本語で、場面に合せた駄洒落まじりのユーモラスなせりふや、擬音も交えてあります。 総じてこのナレーションは作品を理解する知識を与える点と、作品を楽しく鑑賞できる点のバランスがよく考えられていて、マニアックに思われがちな初期の短編を身近なものにしてくれています。
10年前、高校の授業で観た『チャップリンのモダン・タイムス』(1936)。終盤で、チャップリン自身が「放浪紳士チャーリー」として最初で最後の歌声を無国籍語で聴かせた唄「ティティナ」にびっくり仰天。以来、収録したCDはないものかと探し続けて10年目。ようやく手に入りました。 チャップリンが作曲した曲!(未公開も含む)を、優しく情感豊かに歌い上げているザ・フューリーズには、ただただ脱帽。彼らの雰囲気はチャップリンの曲にぴったりです。 ビデオで鑑賞している時にしか聴けなかった名曲が、あなたのCDプレイヤーから改めて歌いかけてきますよ。

チャップリンの初期の頃の作品が観られる貴重なシリーズ。最初の頃の作品は全てサイレントの短編なので、劇場では長編とのカップリングでしか観ることが出来なかった。街の灯を見に行って、犬の生活が一緒に観れるといった感じである。それだけに、何か良いおまけを貰ったようなお得な幸福感があった。このようなDVDによって、まとめて観られるのは楽しい。毎日少しづつ観ても楽しい。

チャップリンの初期の作品が観られる貴重なDVD。恐妻家の夫の姿を描く『給料日』は、劇場公開もあったが、『のらくら』や『サニーサイド』などは、公開されてないのではないだろうか?チャップリンの作品は、作曲、脚本、演出、主演など全てが彼がこなす、1つの絵画のような芸術作品のようだ。

再入門の表題にたがわず、チャップリン映画を好み、チャーリーの生涯も知り、あの Tramp を愛してきた人にも「買ってよかった」と思える新しい発見をくれ、これからチャップリンの作品を鑑賞する人には「このシーンに注意して鑑賞しようか」と思わせるようなヒントをくれます。  英国映画協会所蔵のチャップリンNGフィルム400巻全部を観た世界でたった3人の中のひとり大野裕之氏のアカデミックな業績のエッセンスが蒸留酒の雫のように味わえるのも本書の魅力でしょう。

五・一五事件の時、チャップリンが日本にいたという史実に、まずびっくり!  そして読者の予想をはるかにこえるストーリーで、チャップリンが事件に関わっていき・・・。  歴史にフィクション要素を巧みに織り交ぜ、感動の余韻を残していく、そんな川田ワールドの醍醐味が味わえました。

ヒトラーを戯画化したトメニア国の総統・ヒンケルが、群集を煽動する演説を行うシーン、地球儀を象った風船と戯れるシーンなど、独裁者の夢と狂気、孤独やナルシシズムまで伝わってきてぞくぞくさせられてしまう。そして、すごく面白い! 目と耳の両方に焼きついて、一度見たらちょっと忘れられない名シーン。  それにしても、こういう映画を第二次世界大戦真っ只中の1940年(昭和15年)に作っちゃうんだからなあ。チャップリン、恐るべしです。

時間に管理される社会を風刺した作品。冒頭の時計から、タイムカード、ぺちゃんこにつぶされる時計など、人間を管理するシンボルとしての時計があちこちに出てきます。特に面白かったのは、料理店でウェイターとして働くチャップリンが、人々の輪の中、ローストビーフの皿を頭上に掲げてくるくると回るシーン。人々の頭の上で、お皿が時計回りに回転するんですね。ああ、こんなところにも時計が・・・と思ったんだけど。深読みしすぎかも。  人間がまるで機械の一部と化した工場風景を皮肉った冒頭のシーンから、チャップリンのパントマイムに魅せられっぱなしでした。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク


Copyright © 2007 テラシーク. All Rights Reserved.
++ Netmaia